新着情報
道場からのお知らせ
試合参加・結果報告
講習会のお知らせ
  • 極真会館について
  • 少年部入門案内
  • 一般部の声
  • 昇段レポート
  • 高橋道場行事アルバム

福井県総本部道場

  • 〒918-8057
    福井県福井市加茂河原
    3-1-22
  • お問い合わせ

師範の紹介

師範の紹介

写真:師範 高橋 康夫

空手道とは武術であり、武芸百般、あらゆる格闘技の頂点を目指すものである。
我師大山倍達は、世界中のありとあらゆる格闘技と戦い、百選連勝の武道家であった。
そこで、大山倍達総裁の直弟子として、総裁が築きあげた偉大である功績を尊敬し、総裁の名誉を傷つけることなく、私は極真空手にて、この人生をまっとうしたい。

我空手人生 高橋 康夫

(自己紹介)
1965年 日本空手道 松濤会 山口隆師範に師事
1969年 極真会館総本部 大山倍達総裁に師事
1972年 極真会館総本部にて初段取得
1975年 福井県支部長に任命される
1979年11月25日 参段 総本部にて取得
1985年5月16日 四段 総本部にて取得
1993年6月4日 五段 総本部にて取得
1995年9月13日 六段取得
2001年6月4日 七段取得
2005年6月4日 技術審査機構より八段授与される


写真:師範 高橋康夫
(基本理念
全日本極真連合会基本理念
自主自立の精神をもった極真各会派、各道場が極真連合体を組織し、極真会館の各派閥の主義主張にとらわれず、極真党として大同団結し、日本空手道の普及、発展に寄与すること。
創始者、大山倍達が遺した極真空手を正しく継承し、普及・発展のために研究、研鑚し、極真空手を通じて人格の陶治と人間形成を目指し、社会に貢献する事を目的とする。

トップページへ